Company会社案内

パレット家具ができるまで

LOADING - 古材の引取

LOADING – 古材の引取

トラックで良い感じにヤレたパレット古材を探しに行き、引き取って来たり、古材専門の材木屋さんから仕入れたり、近所の工場や解体現場で出た雰囲気の良い古材を持ち込んでもらったり、良い家具になりそうな木材を選び、倉庫の古材置き場にストックしていきます。

DISMANTLING - 解体

DISMANTLING – 解体

引き取って来たパレット古材を解体します。
重たい古材を割れてしまわないよう、一つ一つ丁寧にバラしていきます。
成人男性でも音を上げてしまう程の重労働、P.H.Jでは女子スタッフもバッチリこなしてくれます。

パレット家具ができるまで

WASH – 洗浄

解体した部材を高圧洗浄機で洗浄していきます。
洗浄をかけ過ぎると木材が痛み、古材感が薄れてしまうので汚れは取り除きながらも古材感は残るよう、1本1本「良い感じに」洗浄していきます。

パレット家具ができるまで

DRYING – 乾燥

綺麗に洗浄した部材を乾燥させます。
まずは天日干しで部材の水分量をどんどん減らしていきます。
その後室内干しに切り替え、ゆっくり時間をかけてしっかり部材を乾燥させていきます。

パレット家具ができるまで

SELECTION – 選定

乾燥した部材の中から、その時制作する家具に合った部材を選定します。
サイズや色、形や木目をしっかり見て、作る物に合う雰囲気の部材を吟味していきます。
この時、乾燥による木材の反り、捻り等もしっかり把握し、この後の製材に進んでいきます。

パレット家具ができるまで

LUMBER – 製材

選定した部材を必要なサイズ、角度に製材します。
ここからがクリエイター達の技術の見せ所。
乾燥し、呼吸する事で微妙に形が変わった木材を、非常に緻密な計算と、きっちり整備された機械や道具で厚みやサイズ、形を整え、研磨し、家具として組み立てれるようにしていきます。

パレット家具ができるまで

ASSEMBLY – 組立

製材されたパーツを素材の色や形、それぞれのパーツが持つ雰囲気を上手く活かしながら配置を考えて組み立てていきます。
木材の中でも古材は特に扱いが難しい物の1つ、しかもP.H.Jの家具は緻密なデザインが多い為、非常に繊細な作業や力の要る作業の連続ですが、クリエイターにとってはデザインが形になる瞬間を見れる一番楽しい工程。みんな集中しまくりです。

パレット家具ができるまで

FINISH – 塗装

組み上がった家具に塗装を施します。
塗装といっても塗料を吹き付けておしまいではなく、下地作りや研磨等、工程は7〜10工程にものぼります。
出来上がった木製品を出来るだけ長く使ってもらえるよう、丁寧に木材を保護します。
P.H.Jでは木材専門の塗料メーカーさんとタッグを組み、古材専用の塗料を開発、家具の種類や用途、デザインによって4種類の塗装方法を使い分けています。
英語でフィニッシュと言う通り、しっかり丁寧に仕上げていきます。

パレット家具ができるまで

COMPLETION – 完成

塗装が終わると最終チェック、個別に梱包をしてPALLET HOUSE JAPANの古材家具は完成。
と、言っても商品として完成したに過ぎません。
PALLET HOUSE JAPANの家具は家族やスタッフと共に育つ家具。
たまーにメンテナンスしてあげる事で、お客さんの元でどんどんかっこよく経年変化を見せてくれるのです。

コンセプト

PALLET HOUSE JAPANは 2014年3月11日発足。
関西の若いクリエイターや職人、デザイナーが大阪市の小さな町工場に集合し
関西の産業から出る木製廃パレットや建築足場古材を
【ユニークな発想】【大胆なDESIGN】【本格家具製造技術】
ヴィンテージ系デザイナーズ家具に。
それを中心にした内装空間もトータルでデザイン。

『誰もやらない、誰もやれない』それを承知で世界的インテリアブランドを目指す!

最近ではそのコンセプトとEcoなデザインが評判を呼び、一般消費者向けだけでなく
飲食店やアパレル店舗、オフィスや中古住宅のリノベーションなど多方面に関わる。

店舗・内装DESIGN・家具全般販売・オリジナル家具・施工までトータルに
インテリアプロデュース。

メディア掲載

2016.05 テレビ東京 ガイアの夜明け 捨てるの待った!~新たな”リサイクル”の幕開け~
関西テレビ 発見たまご!ころころコロンブス 〜意外なリサイクル家具〜
商店建築 2016年5月号
2016.07 ベイコムTV ラビリンスのカヲリ
2016.10 えい出版 ウェアハウススタイル Vol.2
2017.02 yahoo news
その他: 日経新聞・リフォーム産業新聞・住建タイムス
大阪産業創造館ビープラッツプレス日本一明るい経済新聞・ フジサンケイビジネスアイ etc…
2017.12 えい出版 LIGHTNING 2018年2月号 Vol.286

概要

社名 株式会社パレットハウスジャパン
本社所在地 〒578-0921
大阪府東大阪市水走3-3-7
TEL 072-966-8010
FAX 072-966-8020
営業時間 AM9:00 〜 PM6:00 (日、祝除く)
設立 2014年3月11日
資本金 880万円
代表者名 代表取締役 大町 浩
事業内容 ・ビンテージ・デザイナーズ家具制作 (家具全般・製造・施工)
・空間コーディネート(店舗デザイン・総合プロデュース)

沿革

2014.03.11 PALLET HOUSE JAPAN 設立
2014.06 NPO法人エコデザインネットワーク加盟
2015.09 ショールーム&ショップ e-co-llabo∞ 参加(大阪市西区)【足場テーブル・パレットテーブル etc…】
2015.11 田村駒エンジニアリング㈱ インテリア展示会(大阪市)【総合プロデュース】
2016.11 田村駒エンジニアリング㈱ インテリア展示会(大阪市)【総合プロデュース】
2017.01 東大阪市水走に本社移転
業務拡大に伴い設備拡張、大型設備配置
2017.02 工場前にバスケットゴール設置
2017.04 LOYAL BRICK 【レンガ】 STONE SHEET【天然石シート】をはじめとする建材の取り扱い開始
新社屋事務所レンガ施工
2017.05 PALLET HOUSE JAPAN アパレル企画始動
2017.06 大型荷物搬送に伴い工場設備導入
2017.07 内外装関係業社 10社連合 “MATERIAL PALETTE” リフォーム産業フェア2017 出展【総合プロデュース】
2017.08 株式会社FUJISHIにて常設展示開始【3Fヴィンテージ家具展示スペース総合プロデュース】
2017.09 リフォーム産業展 出展【インテリア10社連合マテリアルパレット】
2017.10 LIVING&DESIGN出展【インテリア10社連合マテリアルパレット】
2017.11 社内SHOWROOM 改装工事
2017.12 社屋入口改装工事
クリエイター別ロゴマーク導入
2018.5 大阪商品計画 認定
2018.8 ホームページリニューアル
2018.11 東京ビッグサイトアジア・ファニシング・フェア出展